好ましい環境と好ましからざる環境が…

好ましい環境と
好ましからざる環境が、
そこに住む個人の成長に貢献する。
人は、
自分が育んだ環境という果実の収穫人として、
苦悩と喜びの双方から学ぶことが出来る。

(As A Man Thinketh、ジェームズ・アレン)

生まれた時、環境は与えられるものでしょう。

子供の頃、自分が選んだわけでもない環境に、
窮屈な思いをして過ごした人は
少なくないでしょう。私も、
そんな気持ち、感じたことがあります。

しかし、年を重ねるにつれて、
環境をコントロールする舵は、
私たちの目の前に、姿を現し始めます。

その舵が見えてきていることに
いつまでも気づかないでいると、
喜びを見つけることも難しくなるでしょう。
それは、とても残念です。

最初に与えられた環境は、
私たちのトラウマやハングリー精神を
つくるものになりえます。

そして、それらが、
今度は、これからの環境をつくっていき、
喜びも苦しみも意味あるものに
変えられると思うのです。

もしかしたら、
環境は良くも悪くもない…
それを、どうとらえるか、
どう対処していくかが、
それ以上に大切なのかもしれません。


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です