私は、この世を、めいめいが何か一役ずつ…

私は、この世を、めいめいが何か一役ずつ
演じなければならない舞台だと思っている

(ハムレット、シェイクスピア)

シェイクスピアが、
「人生」や「使命」を表現すると、
こうも芸術的になるんですね。

我々の目的は、まず、
自分の役が何かを見出すこと。
それを何歳くらいまで、
いつ見出せるか、誰も知らない。

大切なのは、
探すのをあきらめないこと…

それだけだと思います。

自分の役が何かは、
生まれて間もなく、
分かる人もいるでしょう。

その反対に、
いろんな経験を積まなければ
分かるまで到達できない人も
いることでしょう。

どちらかというと、
後者の方が、
圧倒的に多いように思います。

そして、それに加えて、
その役を探すことをあきらめる人も多い。
あきらめたらどうなるか、
探した役でなく、与えられた役に
不満を持ちながら、演じ続けなければいけない。

ん?、それを人生が終わるまで
続けるって、本当にストレスだと
思います。

だから、探しましょう。
この機会に…

【参考】
人生の選択(オグ・マンディーノ)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です