子どものキラキラと輝く好奇な眼差しで…

子どものキラキラと輝く好奇な眼差しで
世の中のすべてを見るように
人生を噛みしめるように

荒まく海から 裏町の路地も
紅く輝く星から 一粒の砂までも
何か意味をもって そこにあるんだ
私はそのすべてを この目で見たい

(映画「陽はまた昇る」で引用)

映画「陽はまた昇る」は、
NHKのプロジェクトXでも
取り上げられたビデオ規格VHS開発の
実話がもとになっているストーリーです。

いろんな挫折や失敗を
繰り返しながらも、
何かその意味をたぐろうとして、
ふと口から出てくるこの詩。

心に染みたので、
ご紹介します。

失敗にも、挫折にも、停滞にも、
我々次第で意味を見いだせる。
そんな勇気を感じました。

別のシーンで語られる次の言葉にも、
グっときました。

「やさしい戦いで勝つよりも、
 厳しい戦いで負けることの方が
 強くなれるんじゃないか。」

「本当に必要なのは、
 たった一人の人間の強い思いや
 激しい情熱、夢見る力だと
 思えてきたのです。」

自分がしていること、
しようとしていることの先は、
やはり時が来ないと、
分かりません。

しかし、それを見るためには、
それを見るときまで続けなければいけない。
必ず、いろんな試行錯誤、
壁や妨害があって当然の世の中、
それでも生きていたい人生を送りたい。

そう思えるようになれたことが、
幸せに感じました。

なんか、映画のコマーシャルっぽく
なってしまいましたが、
お薦めは出来ると思います。
なんぜ、実話がもとですから…

原文:(英語)
To scorn all strife, and to view all life
With the curious eyes of a child;
From the plangent sea to the prairie,
From the slum to the heart of the Wild.
From the red-rimmed star to the speck of sand,
From the vast to the greatly small;
For I know that the whole for good is planned,
And I want to see it all.

【参考】
あなたのお客さんになりたい!(中谷彰宏)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です