年をとることということが既に、新しい仕事につくことなのだ。…

年をとるということが既に、
新しい仕事につくことなのだ。

すべての事情は変わって行く。
われわれは活動することを全然やめるか、
進んで自覚をもって、
新しい役割を引き受けるか、
どちらかを選ぶほかない。

(格言と反省、ゲーテ)

この発想、身につけていたいなぁ、
いくつになっても…。

年をとるのが、
ワクワクしてきます。

やっぱり、年をとるたび、
既得権を守るかのように、

今していること、仕事でも何でも、
「守る」という考え方でいたら、
前に進めなくなる…

すべての過去を捨てる必要はないけど、
年を重ねれば重ねるほど、
自分は古くなっていくよ、と思うより、

自分はどんどん新しいことに携わっていけるんだ、
って思える方が、絶対に幸せ。

多分、「新しいことについていけない」っていう感覚は、
能力とか、体力とかの問題もあるだろうけど、
それ以上に、考え方の幅という問題が
大きいんじゃあないかと思うよ。多分…

ちょっと簡単にまとめ過ぎたかな。
ま、現時点では、こう思っているし、
信じていたいってところです。以上。

【参考】
人生の選択(オグ・マンディーノ)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です