…それを他人に気づかれまいと、苦心するところから、…

肉体的な弱点でも、
内面的なものでも、

それを他人に気づかれまいと
苦心するところから
人間は醜くなるのです。

(五木寛之)

そもそも、人間は醜くないんですよ。
そう言われると、なんか、
自信が出てきます。

醜いと思って、
それを隠そうと色々いじるから、
それが目立つってね。
なるほど…です。

自分が気にしていることに対して、
他人がどう思っているかは、
2パターンあると思います。

1つ目は、自分が思っているほど、
他人は、まったく、あるいは
ほとんど気にしていない。

2つ目は、自分が必要以上に
気にしていることが他人に分かって、
それから、このうえなく気にされてしまう。

考えてもみてください。
同じように、みんなが自分のことを
気にしているとすれば、
そのみんなは、同じように
それほど他人のことは気にしていないんです。
だって、自分がどう思われているかを
考えることに忙しいから…

ま、なかには、その気にしていることが
何もしなくても、目立ってしまう方も
いることでしょう。そういう例外も
あるのが事実だとしても、
本当は気にされていないことの方が
圧倒的に多いのです。

ま、何かのきっかけで、
思い出されることはあったとしても、
一日中気にされていることなんて
ないんですよ。

醜いっていうのは、
そのところがどうのこうのというより、
それを気にしすぎて、
自分を失うことなんですね。
改めて、気づかされた感じです…

【参考】
「良い仕事」の思想(杉村芳美)


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です