愛が深いところには、絶え間なく、希望が流れ込んでくる。

愛が深いところには、
絶え間なく、希望が流れ込んでくる。

(英語)
Where there is great love,
there are always wishes.

(ウィラ・キャサー)

一緒にいると、
何か出来るような気がしてくる。

一緒にいると、
落ち込みかけていた心が、
元気を取り戻してくる。

そんな影響をもつ人の心の中には、
多分、こういう愛があるんでしょう。

未熟な恋愛は、時に気まぐれで、
希望となったり、絶望となったり、
忙しいくらい不安定だけど…

それを超えたところの愛は、
お互いにとって、お互いの希望を
強めるものになりうるんでしょう。

それなしで結ばれたら、
多分、苦しいままだろうな。

本当の愛を理解するには、
恋愛とは違ったところでも
学ばなければいけないのかもしれない。

愛して、信じて、希望が湧く。
愛され、信じられ、さらに希望が湧く。

そんな循環をつくれる人間関係を持てたら、
本当に幸せだと思う。

仮に、ものすごく心揺さぶる出来事が、
その愛のただ中に起きたら、どうなるんだろう。
耐えられるかな?

よく分からないけど、
耐えられる愛に育っていてほしいな、と思う。
そういう出来事は、いつでも起こりうるから…

【参考】
家族を「する」家(藤原智美)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です