自由がありすぎると、何から手をつけて…

自由がありすぎると、
何から手をつけていいか
わからなくなることもあるんだな。

(奇跡の人、真保裕一)

仮に、人間が、
何の価値観もない状態に
置かれたとして…

その人間に、
「ルール」か「自由」
どちらかを与えることにしたら…

多分、自由を与えられた方が、
早くダメになっちゃうだろうな。

自由は、どちらかと言うと、
ただ与えられるより、
何かの努力の結果として
勝ち取った方がいい。
そう思う。

自由を勝ち取りたい
という志があっての意味あるものなんだ。
自由の前には、
そういう熱意、願い、望みが必要。

だから、不自由しない環境に
しばらく置かれていた人間は、
そういうものを抱けない。

そして、いざという時、
奮い立たせようとしても、
心が萎(な)えていたりする…

完全な自由じゃないけど、
そんな不自由でもない環境って、
一番危ないよねぇ。

人間を腐らせちゃうよ。

そういう場所から、
自分の足で抜け出したい。

【参考】
それがぼくには楽しかったから(リーナス・トーバルズ)


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です