勇気は、プレッシャーの下に生まれる恵み。

勇気は、プレッシャーの下に
生まれる恵み。

(英語)
Courage is grace under pressure.

(アーネスト・ヘミングウェイ)

イヤなことは、
やっぱりイヤだけど、どうしても
乗り越えなければいけないとすれば、
ささやかな勇気でも生まれてくる。

確かに、イヤなことや、
プレッシャーが何一つなければ、
ストレスなんてないだろうけど、
その代わり、勇気なんてものも、
めったに生まれやしないだろう。

プレッシャーに、
ストレスに、
イヤな奴に、
感謝。

おかげさまで、自分の才能や道を
見つける気にさせられている。

本当に幸せなことだよ、これは。

考えてみれば、
人間は形づくられる前から、
つまり精子や卵子の時分から、
プレッシャーの下にいるんだよね。

卵子は、当初、体の中に、
だいたい40万個あるんだって。
その中から、選び抜かれて、
排卵されていく。

精子は、1億程度。
様々な試練やプレッシャー、競争の後、
ふつうは1つだけがたどり着く。
ものすごい確率。

競争やプレッシャーは
なければないで幸せだけど、
自分たち人間のルーツをさかのぼれば、
必ず、プレッシャーなり、競争が
どこかに見つかる。

そういう経験をくぐって、
勇気を育まなければいけないんだ。
やっぱり、人生は…

【参考】
ゆとりの法則(トム・デマルコ)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です