3つのことを忘れてください。1つ!…

3つのことを忘れてください。

1つ!
自分の肩書きを忘れてください。

2つ!
性別を忘れてください。

そして3つめ。
ご自分の年齢を忘れてください。

(「いいひと。」高橋しん)

これが出来たら、
自分という人間だけで
生きることになります。

実際のところ、
ずっと忘れて生活するなんてことは
無理かもしれませんが、

人生でとても大切な瞬間には、
それらを忘れて
答えを出した方がいいかもしれない。
そうでないと、いろんなものに邪魔されたり、
あるいは、逃げたりしてしまう自分がいる。

肩書き、性別、年齢、
これらは、責められる材料にもなれば、
自分を守る材料にもなっちゃう。

そして、もちろん、それらを
忘れちゃいけない場面も、必ずある。

そんな時でも、それらを忘れて、
自分の答えを見出そうとする時、
自分の本質に近づけるんじゃないでしょうか。

もし、今日、何か苦しい思いをする時、
それは、3つのうちのいずれかに
問いつめられてのことかもしれない。

試してみるんです。
ちょっとだけでも、それらを忘れて、
答えを探してみましょう。

【参考】
生き方上手(日野原重明)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です