だからぼくは、過去を振り返るのをやめた。それは、鏡に…

だからぼくは、
過去を振り返るのをやめた。

それは、
鏡に映りもしない自分の姿を
探すようなものだった。

(奇跡の人、真保裕一)

人には、消えて欲しい過去と、
消えて欲しくない過去が、
おそらくある…

今の不幸を、過去のせいばかりにして、
鏡に映らない自分を探すのも虚しい。

同じように、
今がちょっと不幸だから、
過去の幸せだけを、
鏡の中に探すのも、やはり虚しい。

だからと言って、
過去がいらない、
という訳じゃあないですよ。

今日が良くも悪くも、
いろんな過去のおかげなんです。
他人の過去も含めて…

それを考えれば、
今日という日が、
これまでの過去と同じように、
良くも悪くもなれる、とも言えます。

だから、鏡に映る今の自分に、
手を加えましょう。

どう考えても、
鏡に映らない過去の自分には、
手を加えることが出来ない。
そ、過去は、放っておくしかない。

幸い、それらはもう固定化していて、
変わらないもんだし…

昨日は夢、明日は幻、
今日だけが手のひらにある。
そうです、ホントに。

【参考】
すべては「単純に!」でうまくいく(ローター・J・ザイヴァート他)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です