あたしの中には、たくさんの自分がいるんだわ。…

あたしの中には
たくさんの自分がいるんだわ。

もしあたしが、
たった一人の自分だとしたら
もっとずっと楽なんだけれど、
でも、そうしたら、いまの半分も
おもしろくないでしょうよ。

(赤毛のアン、モンゴメリ)

いろんな自分の姿を見て、
自分は二重人格だろうか、
なんて思い悩む人もいることでしょう。

気にすること、ありませんって。

それがいつの出来事か、
誰と関係したことか、
どんな場面に立たされてのことか、
TPOで変わって、
けっこうだと思いますよ。

思い悩んで、
それを無理に隠そうとして、
性格や行動が変にゆがむよりも…

隠せば隠すほど、
無理すれば無理するほど、
二重人格になるように思います。
かと言って、人に迷惑をかけていい、
ということじゃあないですけどね。

誰もが自分の中に
表裏があるんですよ。
それが現れるのは、
トラウマだったり、
コンプレックスだったり、
プレッシャーだったり、
人それぞれの引き金があります。

時には、それによって、
誤解されたり、
実体以上によく思われていたり
するわけで…

ですから、二面性が
幸いしている面、
不幸を招いている面
双方があるでしょう。

そういう、いろんな自分がいるから、
楽しい。赤毛のアンみたいに思えたら、
自分の二面性に苦しむことなく、
楽しみが増えるんでしょうね。

【参考】
エイジ(重松清)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です