あなたの真実が嫌われるのは、あなたの…

あなたの真実が嫌われるのは、
あなたの偽りが愛されるよりもいい。

(英語)
It is better
to be hated for what you are
than be loved for what you are not.

(アンドレ・ジット)

やっぱり、人の心のどこかには、
よく思われたいという気持ちがあって、
それが自分の本当の姿を
恥ずかしがってしまう。
あるいは、それを隠してしまう。

本当の自分を隠して、
無理をしている自分とか、
偽りの自分が受け入れられると、
それを続けるしかなくなる。

それが本当の自分になればいいけど、
それが苦しくなると、本当の自分は、
抜け殻のような気分になることだろう。
それは、虚しい…

確かに一番いいのは、
自分の真実の姿が、
自分の偽りの姿より愛されること。

愛される自分になること、
本当の自分を愛してくれる人を
見つけること、
この2つを勘違いすると、
愛されることが苦しくなりそう。

愛されることが苦しくなったら、
何のために勝ち取った愛かも
分からなくなる。

迷うときもあるでしょうが、
本当の自分は見失わないように。

【参考】
「良い仕事」の思想(杉村芳美)


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です