もし、世界に喜びしかなかったら、…

もし、世界に喜びしかなかったら、
勇敢になるとか、忍耐強くなるとか、
学ぶことは決してなかったでしょう。

(英語)
We could never learn
to be brave and patient,
if there were only joy
in the world.

(ヘレン・ケラー)

世界は、喜びばかりでないから、
成り立っている!?

ホントかなぁ…

一度、喜びしかない世界も経験してみたい。

自分に嫌味なことを言う人間がいない、
競争相手もいない、
みんなが死ぬことも、病気もない、
傷つくこともない強さが始めからある…
などなど。

要約すると、こういうことかな。
いろんなものがあふれていて、
あらゆるものが与えられ、
奪われることがない。

そんな世界に、長い間いるとしたら、
どうなるんだろう、私は…
やっぱり、実体験がないから、
想像だけになる。

飽きるだろうとか、
幸せだろうとか…

それでさえ、今の感覚を基準に
考えていることだから、
あてになることでもない。

現実には、喜びもその反対もある。
そして、この世界のルールは、
そのルールを自分なりに探していくこと。

それを喜びに出来たら、この世界も、
喜びだけになるかもしれない。
そんなことを思った。

【参考】
何もしない贅沢(ヴェロニク・ヴィエン)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です