考えたことのない未来が、手に入ることはないでしょう。

考えたことのない未来が、
手に入ることはないでしょう。

(英語)
If you do not think about the future,
you cannot have one.

(ジョン・ギャルワーシー)

ちょっとしたお食事会の際、
「やせたい」という話題が
出てきたんですね。

食べながらも、
「やせたい」話が出ること自体、
面白いわけなんですが…(笑)

そしたら、誰かが、面白半分で、
「毎月どれくらいだったら、
 ダイエットにお金をかけてもいい?」
という質問を投げかけたのです。

女性陣からは、
「3千円」「○千円」「△千円」
いろんな意見が出るなかで、
「かける人は、何万円もかけるからねぇ。
 多分、3千円くらいというのは、
 やせたらいいねぇ、程度の気持ちなんだよ。」
という結論。

自分の描く未来像が
強ければ強いほど、
ハッキリしていればいるほど、
それにかける意気込みも、
何らかのかたちで現われてくるもの。

同じ未来を考えるにしても、
「?だったらいいねぇ」と、
「何としてでも、?になる」では、
手に入れる未来が違うのでしょう。

ただ、その手に入れたい未来が、
人間的に、あるいは倫理的に、
よいものかどうかの判断は、
時間の裁きにまかせることになるでしょうが…

描けない未来は、
手に入らない、
これは間違いないでしょう。

【参考】
ツキの法則(谷岡一郎)


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です