…何もかも失ったと思える瞬間でさえ、…

これだけは、覚えておきなさい。

何もかも失ったと思える瞬間でさえ、
あなたの未来は残っているということを。

(英語)
Just remember –
when you think all is lost,
the future remains.

(ボブ・ガダード)

この言葉を見つけて、
FTV系番組「やまとなでしこ」の
ラストシーンを思い出しました。
(厳密に言えば、ラストちょっと前…)

主人公・桜子の人生最大の目標は、
究極の金持ちの男性と結婚すること。
しかし、それとは裏腹に、
自分を本当に愛してくれる大切な人の存在を
感じていくのだが、まだまだ素直になりきれない。

そして、その大切な人を手放した時、
本当の自分に気づいて漏らしたセリフ。
それに応える見守り役・麻里子のセリフ。

「これで、すべて失って、
 ゼロになりました。
 こんなことになっちゃうなんて、
 ほんとにマヌケで笑っちゃいますよね。
 …
 私、何やってたんだろ。
 結局、なんにもつかめなかった。
 …
 でも、よく分かりました。」

「あなたは、まだ何も分かっていないわ。
 あなた…は、まだ何も始まってないじゃない。」

失った、と考えるから、
投げ出したくなる。

生まれた時を考えてみたらいい。
手のひらをぎゅっとにぎったまま、
何も持たないで、この世に生まれてきた。

今手にしているもの、
また後々手に入るもの、
そして失ったもの、
さらに失うであろうもの。

あらゆるものは、一時的に、
私たちが預かっているもの。
最後は、思い出しか残らないかもしれない。

それでも、やはり、
次の1秒、次の1時間、次の1日と、
未来が、ちゃんと手のひらにおさまってくる。

私たちは、何も分かっていない。
そして、何も失っていない。
別のものが手に入る準備に入っただけ。

それが真実なのです。

今日、仮に何かを失ったとしても、
前に進みましょう。

【参考】
すべては「単純に!」でうまくいく(ローター・J・ザイヴァート他)


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です