読書は、一人のようで一人ではない。…

読書は、
一人のようで一人ではない。
本を書いている人との
二人の時間である。

(読書力、斎藤孝)

なかには、
そんなふうに言えない本も
あるかしれない。

身近な人、
目の前にいる人との
コミュニケーションが大切なのは、
もちろんのことであるが、

身近であるだけに、
住んでいる世界や知っていることが、
あまりにも似ていたりする。

残念ながら、似ているものからは、
新しいことを学べるチャンスはあまりない。

刺激が必要。
それも、心の中に入り込んでくるような…

見ず知らずの人間から、
心の中に土足で入り込まれ、
頼みもしない説教をされるのは、
とても腹立たしいが、

擬似的な二人の時間となる読書で、
気づかされるような感じで、
言われる(読む)のなら、
けっこう素直になれる。

知らなかったことにも、
忘れていたり、
気づいていなかったことにも…

今日は、ちょっと読書してみますか?

【参考】
偏愛マップ・キラいな人がいなくなる(齋藤孝)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です