…永遠の真実は、目に見えないのだ。

物質にも自然現象にも
感情にも左右されない、
永遠の真実は、
目には見えないのだ。

なにものもそれを邪魔できない。

(博士の愛した数式、小川洋子)

生きていて、
自分のいろんな願いや望みが、
何ものからも、
邪魔されないことなんてない。

本当に、
そんなふうになったらいいなぁ、
ほとんどの人が、
願っていることだと思う。

しかし、
それが形あるものに通じる限り、
必ずどこかで何らかの問題に
出会うことになる。

目に見えないものだったらどうか。
目に見えない心だけをつかめたら…

でも、人は、
心だけをずっと見続けられるほど、
強くはない。そのうち、
形ある人の手のぬくもりを求めたり、
人の口からでる言葉で癒されたくなる。

永遠の真実は、2つあると思う。

1つは、
目に見えない、そして変わらない、
何ものも邪魔できないものが
あるということ。

もう1つは、
人がそれを本当に手にするまでは、
自分も他人も、揺れる心、変わる心に、
付きあっていきながら、
成長しなければいけないということ。

真実は、やさしくも、
きびしくもあるようです。

【参考】
博士の愛した数式(小川洋子)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です