人は、この世界で、あらゆるものが…

人は、この世界で、
あらゆるものが手に入るわけではない、
ということを、かなり忘れがちである。

その中から選ぶことだけが、
出来るというのに…

(英語)
A man is too apt to forget
that in this world he cannot
have everything.
A choice is all that is left him.

(H.マセュー)

なるほど、という言葉です。
目の前にあるものだけ見ていれば、
そんな「あらゆるもの」なんか
欲しがっていないよ、
と言うかもしれないけど、

それは今しか見ていないから、
目の前のものだけが欲しい話で、

その目の前のものが次々と
変わっていったら、もしかして、
どれも欲しくなるかもしれない。

そうしたら、ある意味、
「あらゆるもの」を欲しがっている
のと同じことだよなぁ、と思った。

今の時代は、変化が激しいから、
そして、いろんな広告媒体が
氾濫しているから、
まさに、それに近い現象じゃないだろうか。

先日、高機能のパソコンを買った知人宅で、
いろいろパソコンをいじっていたら、
やっぱり、欲しくなった私。

欲しいものは、
人それぞれかもしれないけど、
他人の持ち物や広告に
いちいち反応していたら、
身も財布も持たないだろうなぁ、
って思う。

それは、モノだけに限らず、
言えること。

まず、新しいものを手に入れると、
それと付き合うための時間が
必要になる。それは、
恋人であれ、中古であれ、同じこと。

場合によっては、説明書を読んだり
しなくちゃいけないだろうし…

そんなことばかりをくり返していたら、
本当に欲しいものを選ぶ時間が
なくなってしまうよう。

そんなふうに思います。

欲しいものは、いろいろあっていい。
でも、その中から、ちゃんと選ばなきゃなぁ。

【参考】
あなたの夢をかなえる「未来日記」 (佐藤富雄)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です