もっとも力強いのは、自分自身の力のなかに、…

もっとも力強いのは、
自分自身の力のなかに、
自分をもち続けていける人。

(英語)
Most poweful is he who
has himself in his own power.

(セネカ)

人は、自分の力に過信すると、
だいたい、自分だけが
どこかに行ってしまう。

力を伸ばすことを怠ったり、
自分が本来やるべきことでないことに
手を出したり…

そうやって、失敗する時も、
たまにはある。

しかし、そういう経験を通して、
自分の力の及ぶ範囲、
たとえば、仕事で言うなら、
専門とする分野、そして、
その先の発展させられる分野が
はっきり分かってきた時には、
とてもパワフルになれる。

自分を掘り下げること、
と言い切ってしまえば、
簡単すぎる言葉になってしまうが、

いろんな人やものにふれるとしても、
それを探求していくのが、
ここに生きている証じゃあないだろうか。
そう思う…

有名になりたい、
尊敬されたい、
金持ちになりたい、
成功したい、
幸せになりたい。

言葉は違うけど、いずれも、
力、パワーを求めている。多分。

それを手に入れる方法がこれ。
自分のパワーの中に、
自分をもち続けて伸ばすこと。

ちょっと深い言葉だと思います。

【参考】
人生の短さについて(セネカ)


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です