「負けたことがある」というのが、…

「負けたことがある」というのが、
いつか大きな財産になる。

(スラムダンク、井上雄彦)

「就職活動中」さん
からの投稿です。

いい言葉ですね。

財産と考えれば、
本当に損得なしに思えます。

逆に言えば、
「勝ったことがある」
というのも、
財産にすぎない。

そして、財産というのは、
持っているだけでは意味がなく、
その使い方が賢くならないと、
「宝のもち腐れ」になるわけです。

たとえ、自宅に、
賞状を、トロフィーを、メダルを
100個以上も並べていたとしても、
それが、その後の人生を
幸せにしてくれるわけでもない。

それだけの「勝った」財産を
持っていたとしても、
人生に幻滅する日が
来ることだってありうる。

「負けた」財産が、
まだまだという気持ちを
引き起こし、死ぬまで魂を磨かせ、
生かしてくれることもある。

単なるプラス思考ということでなく、
勝ちも負けも財産に過ぎない。

その後の人生は、
その使い方にかかっている。
それを忘れたくないものです。

皆さまも、
今日の負けを見たら財産に、
今日の勝ちを見たときも財産に。

そこのところ、
よろしくお願いします。

【参考】
スラムダンク勝利学(辻秀一)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です