生活はすべて次の二つから成り立っている。…

生活はすべて
次の二つから成り立っている。

したいけれど、できない。
できるけれど、したくない。

(格言と反省、ゲーテ)

本当に、この2つだけかなぁ…

たとえば、
したくないけれど、
していることは、
どちらに含まれるのか。

こんなことを考えてみた。

もしかしたら、
できない、できない、
いやだ、いやだばかりを
続けているうちに、

したくないことを
する羽目になったのではないか、
ということ。

そうなると、やはり、
2つに分けられているうちに、
ちゃんと決断して、
行動を起こしておかないと、
自分が困るわけである。

そうしないと、
したくないけれど、
していることばかりが増える。
そんな人生は、誰でもイヤだ。

旅行したいなら、
お金でも時間でも、
何が何でもそれに集中して、
行けばいい。

旅行できたらいいなぁ、
くらいの願望だったら、
バッサリ切り捨てた方がいい。

なぜかと言えば、
「したいけれど、できない」ことは、
まだまだ、たくさんあるはずだから。

バッサリバッサリと切り捨てて、
最後に残ったものを
確実にやり遂げるためだったら、

悪いことでもない限り、時には、
「できるけれど、したくない」ことも、
したらいいのだ。

シンプルに考えて、
生活をするのも悪くないよ。

【参考】
今日われ生きてあり(神坂次郎)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です