友人の助言なんて、まさに、天気のようなもの。…

友人の助言なんて、
まさに、天気のようなもの。
良いものもあれば、
悪いものもあるというわけさ。

(英語)
Advice from friends is like the weather.
Some of it is good; some of it is bad.

(アーノルド・ロベル)

私が紹介するいい言葉も、
この部類に入るとすれば、
ちょっと心苦しくなってきます。(笑)

若い頃、とても礼儀正しい、
相手の心を思いやる女の子と
付き合っていたことがあります。

もちろん、私には、
そんな個性はありませんが、
付き合っている彼女が、
そういう生き方をしている以上、
それを少しでも真似ようと、
いろんな助言を聞いたものです。

彼女のことが好きだから、
まるで、彼女の言葉を、
神様からの言葉のように思い、
付き合いを続けていたんですね。

しかしながら、そのだいたいが、
自分にはストレスでした。
だって、価値観として、
自分の中のものと一致しないんですから。

助言とは、だいたいが、
言う側の生き方を証明するために、
言われることが多いと思います。

よく話を聞いてもらった上での、
個性に合わせた助言ならば、
その効果は大きいのでしょうが、
「あの人」が言った言葉だから、
というのは、やはり違うでしょう。

もちろん、自分の方で、
ヒントにするのは問題ありません。

ただ、助言に依存して、
自分で決められない、選べなくなるのは、
まずいでしょうね。

助言は、天気のようなもの。
もっと気楽に受け止めれば、
その助言の先にあるものが
見えてきたりもするでしょう。

【参考】
ハンドルを手放せ(森田健)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です