失敗と不可能とは違う。

失敗と不可能とは違う。

(英語)
Failure is impossible.

(スーザン・A・アンソニー)

英語をそのまま訳すと、
「失敗なんてありえない」
となります。

つまりに、何か行動をしたら、
行動した分の何らかの結果が
手に入るわけで、
それが手に入る以上、
失敗じゃないという意味で、

また、あきらめないで
行動を継続していけば、
どこかで成功につながる
という意味で、
そう言うのだと思います。

何か行動をしての失敗と、
何もしないで不可能だ、
と決めつけるのは、
そもそも次元が違う話。

だから、
「失敗と不可能とは違う」
という訳にしてみました。

英語に詳しい人にとっては、
かなり変な訳かもしれませんが、
おゆるしくださいね。

さて、目の前に、
困難が迫ったときに、
あなたは失敗でもしてみる人か、
それとも不可能として眺める人か。

それによって、
見えるもの、聞こえるものも、
違ってくるでしょうね。

今日も、応援します。

【参考】
脳と創造性 「この私」というクオリアへ(茂木健一郎)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です