恐れは、あなたの中に…

恐れは、あなたの中に
しまっておきなさい。

でも、勇気は、
人々と分かち合いなさい。

(英語)
Keep your fears to yourself,
but share your courage with others.

(ロバート・ルイス・スティブンソン)

電話をもらうと、
ウンザリする相手って、
多分いますよね。

大きな声では言えませんが、
私にもいます。

今の時代は、便利ですね。
受話器をとる前に、
ナンバーディスプレイで
相手が分かるので、
いくらか心の準備が出来ます。

と思っていたら、
事実はちょっと違っていて、
イヤな気持ちになるのが、
早くなっただけでした。(笑)

なぜ、イヤな気持ちになるのか。
やはり、相手のもつ空気でしょう。

悩みの告白だったらいいのです。
親身になって相談に乗れますから。

でも、それが、
知人の誰にでもいいから、
自分の心の中にある
恐れとか、不快とか、怒りとかを
分け与えようとする場合が困ります。

なかには、とても上手な方もいて、
最初から全部でなく、少しずつ、
分け与える方法を使ったりもします。

もし、そういう感情をもらった時に、
もらい受けた側が、
自分の中で処理しきれないとすれば、
また、誰か、別の人に分けられます。

広がるわけです。
解決につながるのならいいのですが、
広げても、百害あって一利なしです。

事の大きさによっては、
パニックにもなりますからね。

私たちは、恐れでなく、
事実を伝えなければいけない。そして、
伝えられたら、恐れを感じる前に、
事実をちゃんと見なければいけない。

思い違いをしないためにも、
勇気をふり起こすためにも。

人に対しても、
出来事に対しても、
同じことだと思います。

【参考】
キレイになるピラティス(千葉絵美)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です