未来を予測する最良の方法は、…

未来を予測する最良の方法は、
未来を自分で創りだすことだ。

(英語)
The best way to predict
the future is to invent it.

(アラン・ケイ)

アラン・ケイ氏は、40年くらい前に、
パーソナル・コンピュータという言葉を
使い始めた最初の人です。

「表現したい人が
 表現できるメディアを持つ」

という彼の仕事の思想は、
今のブログ社会を見ると、
予測通りになっていると感じます。

見てくれる人がいるかどうかは別にして、
表現したいことが表現できる
(もしくは、表現しているつもりになれる)
そんな時代なのです。

しかし、私たちは未来のために、
どう生きていけばいいのか、
何を学んでいけばいいのか、
どんな仕事をしていけばいいのか、
迷うことも少なくありません。

私たち個々人が、
社会や世界について
どれだけ正確な予測が出来るかは
分かりませんが、

少なくとも、
自分についての予測をたて、
それが実現されるように、
自分自身を創りあげることは出来る。

自分を創っていった先に、
未来がある。しかし、邪魔は多い。

だから、
こういう簡単な原則が
違うんじゃないかと思えてくる。

やっぱりそうだ、
いや違うんじゃないか、
そんなことの繰り返しが、
人生の時間には一番多いかもしれない。

何をするにも、
原点を忘れたらいけませんね。

(参考)アラン・ケイ(アラン・C・ケイ)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です