問題は不調だということ自体ではなく、…

問題は
不調だということ自体ではなく、
その時期をどう過ごすかにある。

(張怡寧、卓球レポート)

いろんな道のプロにも、
失敗や不調、挫折がある。

その時に、本人がどうするか。
周囲が、どういう見方をしてあげるか。
それがポイントになる。

誰かの真似をすれば、
うまくいくとも限らない。
自分という個性もあるから…

周囲が何もせずに見守ってればいい、
というわけでもない。逆に、
きびしく引っ張ればいいとも言えない。

不調とどう向き合うか。
それぞれが答えを出さなければいけない。

時には、不調に見えていても、
一歩先には新しい進歩があって、
単に、その入り口にすぎないこともある。

事実とは、
きちんと向き合うけれど、
不調と決めつけすぎず、
プライドでなく、自尊心だけは
失わないようにしたいものです。

その期間が、
どれだけ長くなろうとも…。

(参考)こころのモヤモヤを解き放つ 魔法の質問(マツダ ミヒロ)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です