この世での一番の宝探しは、…

この世での一番の宝探しは、
人との出会いだと思った。

(ドラマ「トップキャスター」)

娘たちが気に入って、
後半から見るようになった、
このドラマ。

「人生のゴールって
 スタートすること
 なんじゃないかな?」
なんていう言葉も出たりして、
ふむふむとうなずくこともしばしば。

私はまだ37年しか生きていないけれど、
その人生で見つけた宝と言えば、
やっぱり、モノじゃないように思う。

実際、そんなにモノを集めもしないし、
持ってもいないから、そうでしょうが…

じゃあ、本当に、
人が「宝」かと言えば、
探して見つけたというよりも、
今のところ、ちょうど目の前を
通り過ぎてくれた人を
つかまえたというのがほとんど。

もっと必死に探せば、
もっと見つけられるんでしょうか。
ちょっと、そこが疑問です…

それに、宝だとすれば、
たくさんの宝を見つけることがいいのか、
価値ある大きな宝を一つだけでも
見つけるのがいいのか、
人それぞれの考え方、哲学で
選択が分かれるところでしょう。

私は、後者かな。
私にしか見つけられない、
価値ある大きな宝を見つけたい。
もしかしたら、
見つけているかもしれないけれど…

今日も、宝探し、宝探し。
大きな宝の中には、
さらなる宝もあるでしょうからね。

そして、もしかしたら、
別れも、宝なのかも。

(参考)「いい出会い」をつかむ人94のルール(斎藤茂太)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です