絶対に誰かと肩がぶつかる。…

絶対に誰かと肩がぶつかる。
生きるってそういうことだと思う。

(藤原基央[BUMP OF CHICKEN])

璃依さんからの投稿です。

映画「ピンポン」に
こんなセリフがあります。

「おい、どこ見て、歩いてんだ?」

「どこ見て歩きゃあ、
 褒めてくれんだよぉ!」

なんか、痛快です。

あなたはぶつかった時に、
文句を言う側ですか?
それとも、
「すみません」と言う側ですか?

道でも、人生でも、
ぶつかって当たり前なんですよ。

ぶつかって歩けば、
文句を言われるけれど、
じゃあ、ぶつからないように歩けば、
褒められるわけでもない。

ぶつかって歩いて、
相手を転ばせるように
教育するところもあれば、

ぶつからないように歩いて、
人の顔色をうかがうことを
教育するところもある。

そのどちらで生きていても、
窮屈なシーンが出てくる。

その窮屈さがあるのも、
当たり前と言えば当たり前。
ぶつかるのが当たり前なのと、
同じこと。

ぶつかるくらいじゃ、
普通は死なないはずだから、
おそれずに、
ぶつかっていたいものです。

(参考)supernova / カルマ(BUMP OF CHICKEN)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です