人間の社会は、どこへ行っても同じです。…

人間の社会は、
どこへ行っても同じです。
まず基礎があり、体験があって、
その上に読書が付加価値をつける。
そして更なる体験がある。
これの繰り返しです。

(雑誌「プレジデント」)

基礎がないのに、
体験を始めると、
きっとズレて覚えることになる。

まれに、奇跡的に、
基礎がないように見える状態でも、
すごいもの、すごい人が、
生まれることもありますけど、
それは、珍しいと思います。

たとえば、
一度も他店で修行をせずに、
開業して成功している
ラーメン屋さんとか。

それが出来た人がいるから、
俺も基礎なんかなくても
うまくやれるだろう…と
みんなが勘違いして始めても、
なかなかうまくはいかない。

基礎を教えられたことがないだけで、
基礎をちゃんと自分で習得できる人も
いるという話なのだと思う。

それを、基礎がなくても大丈夫、
と早合点したら、痛い目に遭う。

そんなことで挫折している人々は、
腐るほどいるでしょう。でも、
そこで「基礎の大切さ」を実感し、
再スタートするなら、
その経験も無駄ではなかったということ。

それを時代のせいとか、
環境とか誰かのせいにして、
腐ってしまうなら、その後、
何をやっても実にならないでしょう。

読書も、役に立つんですよね。
やっぱり、そう思います。

(参考)本を読む本(モーティマー・J. アドラー)


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です