人生は、その一割が…

人生は、その一割が
自分に起こることで、
残りの九割が
それに対する自分の反応である。

(できる人とできない人の小さな違い、ジェフ・ケラー)

SPKさんからの投稿です。
「人それぞれ環境とか色々あるけど、
 やっぱり、人生のほとんどは、
 自分の選択によって
 自分の思ったように
 作られていくんでしょうね。」

人生って、自分との
付き合いですからね。

生まれてから死ぬまで、
自分との付き合いが
終わることはない。

たとえば、恋人から
別れ話を切り出されたり、

会社の仕事において、
大きな失敗をしてしまったり、

突然、大切な人が
事故や病気になったり…

そういう出来事を知る時間は、
おそらく5分くらいで済みます。

その後は、それについて、
自分がどう感じるか、思うか、
考えるか、という揺れる時間に
長々と付き合うことになるのです。

相手が何を言っていても、
心の中では、自分しか
見えていないことも多いはず。

おそらく、ある程度、
落ち着いた気持ちがあれば、
さらに情報を得ようとするでしょう。
行動も起こせるかもしれません。

ただ、どれだけ
多くの情報を得ても、
その出来事や、
その中にある自分自身に
うまく反応できなければ、
どうしようもありません。

自分の人生は、
自分がどういう反応をするか。
それを、どれだけ操れるか。

やっぱり、
それにかかっているんですね。

(参考)できる人とできない人の小さな違い(ジェフ・ケラー)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です