傷つくのが恐いのは相手より自分の心を…

傷つくのが恐いのは
相手より自分の心を
大事にしてるからだって。

わたし、好きになるって
その逆のことかもしれない
って思うんだよ。

(「彼氏彼女の事情」2巻、津田雅美)

自分を傷つけないようにするのも、
他人を傷つけないようにするのも、
紙一重かもしれない。

そんなふうに思います。

傷つけないように、
ということにこだわれば、
きっと無理が出てくる。

傷つけない、傷つかない、
を100%実現するのって
難しいはずなんです。

それをリクエストするのも、
それを約束するのにも、
ちょっと非現実なところがある。

自分を守ろうとすれば、
何にもチャレンジしなくなる。

他人を守ろうとすれば、
必要以上に手を出したり、
代わりにやってしまったりする。

ホントに、それでいいか?
ずっと、それを続ける気か?

たとえ、
恋人や夫婦であっても、
友達や親子であっても、
ずっとは守りきれないのです。

傷つけないことが
好きな証拠とは限らず、
傷つかないことが
大事にされている保証とも言えない。

その点だけで、愛を語ったら、
ズレてきそうですね。

恐がってばかりいちゃ、
ダメなんですね。

(参考)彼氏彼女の事情(津田雅美)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です