飛行機があれだけ高く飛べるのは、…

飛行機があれだけ
高く飛べるのは、
すさまじいばかりの空気の
抵抗があるからこそなのだ。

(逆境ナイン、島本和彦)

これって、揚力のことを
言ってるんでしょうね。

普通であれば、
重力によって、
下に落とされるものが、

空気の抵抗、揚力によって、
翼が空気中で浮くことを許されて、
飛ぶようになっている。

うまくいかないと
思われてることの中には、
必ず原因(抵抗)があるけれど、

見方を変えれば、
それが助けになってくることも
ありえるわけで。

力があるということは、
方向によっては敵にもなれば、
味方にもなるということでしょう。

邪魔者のようで、
邪魔者でない。

逆に考えたら、
誰かの邪魔をしたくなった時には、
抵抗しようとするよりも、
放っておくのがいいというわけです。

抵抗しようとすれば、
それをきっかけに、
かえって「やる気」が
出てきたりしますからね。

相手の闘争心を
赤々と燃やしてしまったら、
かえって怖いですからね。

抵抗には感謝し、
抵抗にはならないように。

(参考)逆境ナイン(島本和彦)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です