見つめても 見えないのなら …

見つめても
見えないのなら
目をとじよ

(バカボンド、井上雄彦、原作:吉川英治)

介護に携わっていると、
面白いことがよく起こります。

うちの義母のことですが、
自分の部屋にいて、
目の前にティッシュ箱があるのに、

わざわざ台所に歩いてきて、
娘に「ティッシュは?」と
尋ねに来るのです。

そうか、と思えば、
自分の食事は食べ終えておきながら、
同じテーブルにある家族の皿に、
さっと箸をのばして、
自分のものでないものを口に入れる。
それで、あとは知らんぷり…

目が見えなくなってきて、
かわいそうだなぁと思いかけてれば、
「なんだ、見えてるじゃねぇか!」
という感じです。

そんなことが分かってくると、
いじわるをしたくなる私です。

大好物のお寿司を食べていると、
だいたい、こう尋ねてきます。
「もっと、食べたい」
目の前には、まだ数個残っているのに…

「まだ、あるよ。
 食べたくないなら、
 私が食べてもいいからね。」と、
私は言ってやるんです。

すると急に、目が働きだして、
寿司を手づかみして、
口に持っていくというわけ。

見えていないわけじゃないのです。

誰かが教えてくれる、
誰かが代わりに見てくれる、
誰かが助けてやってくれる、
という考え方に浸ってしまうと、
見えるものさえ見えなくなるのです。

目をとじると、そんな自分が
分かってくるのかもしれません。

(参考)バカボンド(井上雄彦、原作:吉川英治)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です