生きることに慣れてはいけない。

生きることに慣れてはいけない。

(海馬、池谷裕二・糸井重里)

生きることに慣れられるほど、
本当は「生きること」の意味なんか
分かっていないけれど、
当たり前になっている。

がんばらなければ、
がんばらないことに慣れる。

やってもらっていれば、
やってもらうのに慣れる。

健康であれば、
健康なことに慣れる。

お金があれば、時間があれば、
あるのが当たり前と…慣れる。

何ごとも、
生きることの一部
でしかない。

自分の思い通りになる時があるのも、
一時的なこと。慣れちゃいけない。

思い通りにならない時があるのも、
つかの間のこと。慣れちゃいけない。

慣れない心で待つようにすること。

慣れてしまった心では、
いろんなことが起きる人生に
反応するスピードが遅くなる。

もちろん、
すぐに反応できる人生ばかりが
いいとは言えないけれど、

慣れすぎて、
反応するのが鈍るのは避けたいですね。

(参考)海馬(池谷裕二・糸井重里)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です