みんなの都合に負けて…

みんなの都合に負けて
自分の生き方を決めたら、
わたしはその責任を負えない。

だから、ちゃんと考えたい。
そう、思ってる。

(十二国記、小野不由美)

もし、スポーツの試合で、
相手が強いから負けるに決まってる、
という思いにとらわれてしまったら、
自分の実力なんて出てこない。

相手が強いのが事実だとしても、
自分の実力を100%
出そうとする思いは、
それとはまったく別物のはず。

仮に、その強いという相手の方が、
どんな対戦相手であれ、
全力で戦うっていう謙虚な人だったら、
失礼にさえあたる。

自分の勝ちも、負けも、
自分の都合であることにしたい。

勝ち負けが
コントロールできない状況だとしても、
自分の戦い方、生き方は、
自分の全力を出すだけ、
という自分の都合にしたい。

そうでなくちゃ、
何もコントロールできない人間に
なってしまう。

コントロールできない気持ちに
侵略され、占領されてしまった時には、
気分はきっと最悪。

そんな自分に、
責任をとろうなんて気持ちが
起きるわけがない。
何もかも逃げたくなるはずだ。

だから、最初から、
他人の都合にだけは負けるな。

(参考)十二国記(小野不由美)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です