格好をつけるのが嫌いだ、…

格好をつけるのが嫌いだ、
という人間は、
格好をつけないことが、
格好の良いことだと思っていて、
つまり、格好をつけている。

(詩的私的ジャック、森博嗣)

UFOさんからの投稿です。

この言葉の前には、
「世間体を気にしない、
 まったくの自由人は、
 それが自分のライフスタイルだ
 と思い込むことで、
 自分の体裁を気にしている。」
ともあります。

まったく、心に刺さります。
どちらも、私のことを
言っているような気さえしてくる。

「これが自分なのだ」
と主張しているつもりが、
いつの間にか、
「これが正しいんだ」
と主張し始めていたりする。

自分のやり方が、
世の風潮とちょっと違う時に、
それを何とかして認めさせたい
と人間は思ってしまうんでしょう。

自分が好きでやってるんだから、
認めてもらわなくてもいいはずだが、
認めてもらわずして続けることは、
けっこうキツイことだったりもする。

「これが自分なのだ」
「これが正しいんだ」
結局は、
「自分が正しいんだ」
これを言いたくなっている。

そうなっていくにつれて、
少しずつ見えなくなるものも
増えてしまうんでしょうね。

(参考)詩的私的ジャック(森博嗣)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です