正論は正しい、だが…

正論は正しい、だが
正論を武器にする奴は正しくない。

(図書館戦争、有川浩)

正論は嫌い、
なんて言いつつ、
私もよく言っているだろうなぁ…

それも、きっと
言いっぱなし。

正しいことを言いたいだけか、
正しいことを本当にしたいか。

正論を言う人を
じっと見ていれば、
そういうことが分かってくる。

私も見透かされている。
自分の最も身近な人間から。

けれど、開き直れば、
正論を言う人も必要だと思う。
何もやろうとしないけれど、
そういうことも言う人がいないと…

熱意とか感情だけで
物事を進められる世の中になったら、
正論だけ聞かされる世の中と同じくらい
息苦しいような気がする。

やっぱり、バランス?

正論だけを言う人がいて、
その反対だけを言う人がいて、
その中間を行動する人がいる。

行動する人は、
どちらからも学んで
ちゃんと実行しながら
成長していける。

そういうところに進んでいるかなぁ。

(参考)図書館戦争(有川浩)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です