もしも限界があるとするならば、…

もしも限界があるとするならば、
それはあきらめた瞬間でしょう。

(ドラマ「相棒」)

Noirさんからの投稿です。
「逆にいえば、
 あきらめなければどうにかなる…
 でも、そのどうにかを導くのは、
 きっと自分の力なんだと思う。」

あることについて、
限界にぶち当たっている
ような気がしている私です。

けれど、きっと、
自分でも思いがけない方法が
どこかに用意されていて、
今思っている限界が
本当はそうじゃないだろうなぁ、
っていう気もしています。

だって、今までの経験で、
限界と思っていたことを超えて
もっと出来たことが、
少なからずあったから。

そんなふうに乗り越えていなければ、
今なお、最初にぶち当たった限界の前で
足踏みをしているはずです。

足踏みをしていないってことは、
それが限界じゃなかったこと。

そこであきらめないで、
一歩でも進んでみた
っていうこと。

もし、世の中に、
「限界」のコレクション
っていうものがあったとしたら、

時間が進んでいる限り、
そのコレクションはどんどん
変わっていくことになるだろうなぁ。

(参考)
相棒 警視庁ふたりだけの特命係


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です