当たり前が幸せって…

当たり前が幸せって
感じられるようになったら、
大人になったってこと。

だけど、それを
変えなくちゃ!!って思えたら、
いつまでも若くいられる。

(作者不詳)

珍しい何かを
手に出来たときには、
とても感謝したくなる。

ありがたい、ありがたいと。

けれど、反対に、
変わらない何かを感謝することに
気づけるのは、めったにない。

そういうことができる自分で
いるためには、何が必要だろう…

目の前のことが変わらず、
自分も変わらなければ、
感謝するどころか、きっと、
飽きてくることのほうが多い。

一方、慌ただしい世の中にいて、
自分が無理やり変えられている時には、
ささいやことに気づる余裕もない。

自分が変わらないと鈍る、
っていうのは分かるが、
他人に変えられるのは、
ほとんどの人がイヤなはず。

となれば、自分から何かしら
変わってみようと思ってみるしかない。

そう思ったときに、
老いた人にも若い気持ちが
よみがえってくる。

もともと若い人は、
なおさら、若くいられる。

変わらないものに感謝し、
変われる自分を目指していく。
この大切さは変わらないと思います。

(参考)いつも目標達成している人の読書術(丸山 純)

No.5455


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です