誰の助けも得られないと思ったとき、…

誰の助けも得られないと思ったとき、
辺りを見回してもだめなんだ。
あんたの内側を探してごらん。
そこに自分という味方がいるよ。

(セフティ・マッチ氏の樫の言葉」より)

2009年のほぼ日手帳が、
さきほど届きました。

箱を開けて、
中身を取り出して、
チラチラと見ていると、
箱に目が止まりました。

内側に、この言葉が…

もしかして、去年の箱にも、
何かしら言葉が書いてあったのかなぁ、
とふと思い始めて、探してみたら、
あった、あった。

2008年のほぼ日手帳では、
箱にこんな言葉がありました。

「『なんでもない日、おめでとう』
 という言葉を、かつて人々は、
 冗談として聞いたものだ。
 しかし、王様も大金持ちも、
 鼠も孔雀も、恋人たちも、
 いちばん欲しいのは、
 そんな日じゃないのかね。」
(「セフティ・マッチ氏の焚火話」より)

内側を探してみたら、
いい言葉があったんです。

私たちの内側にも、
自分を支えてくれる、
助けてくれる何か、
いい言葉とかがあるかもしれない。

そんなヒントに思えます。

たくさんの味方、
強そうな味方、
有名な味方を探すのもいいけれど、
いざという時に助けになるような
味方じゃないと、意味がない。

それまで、
大切な「味方」を
ちゃんと育てておくのだ。

(参考)ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。

No.5486


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です