夢を食っては生きてはいかれないが、…

夢を食っては
生きてはいかれないが、

夢を食うことによって
現実に向かう勇気も生まれる。

(死神、篠田節子)

夢の数だけだったら、
この世に生まれた人々の数の
100倍くらいは
あるんじゃないでしょうか。

けれど、そのほとんどは、
叶っていないことでしょう。

これは、きっと事実です。

夢にすがりつけばつくほど、
生きるのが苦しくなっていく人も
少なくありません。

仕事について言えば、
思い描いていた夢どおりの仕事で
食っていける人が少ないのも事実。

けれど、
夢を持てている限り、
人は、今の嫌な仕事にも
耐えられたりします。

叶うとも叶わないとも
分からない夢にも、
そんなパワーがあったりします。

夢で食えるのが、
エラくて格好いい、
という価値観に
しばられる必要はないだろう。

それは、あくまで、
今という時点を見たときの
印象でしかないのだから。

SMAP草なぎさんの言葉が
思い出されます。

「ある時点での成功が、
 本当の成功かといえば
 そうじゃないような気がするんです。
 大失敗だと思えたことが、
 のちに大いに役立つことも
 ありますからね。」
 (雑誌「プレジデント」)

(参考)死神(篠田節子)

No.2697


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です