うわさなんていつか消える。…

うわさなんていつか消える。
そんなものに負けるんじゃないぞ。

(朝のこどもの玩具箱、あさのあつこ)

人は、刺激的なこと、
変わったことを求めて、
騒ぐものと決まっています。

それに付き合っていては、
ますます、騒がれることになる。

生きていて、
こう思われないようにしよう、
といくら決心をしても、

思うのは、相手の勝手なのです。

まったく違うところの「心」で
起こる出来事だから、
どうしようもない。

それを気にして、
そこの部分を生き方の中心においても、
自分の人生は良くはならない。

どんな子どもに育てたいですか?
どんな子どもになって欲しいですか?

という問いかけに、

「人様に迷惑のかけない子どもに…」

なんて、いかにも慎ましそうな、
答えをよく聞いたりするもんですが、

わたしにとっては、どうも歯がゆい。

人に迷惑をかけないで、
生きていける人が、
本当にいるんだろうか。

知らず知らずのうちに、
迷惑をかけていることは、

分かっていて
迷惑をかけていることの
何十倍も多いような気がする。

精一杯がんばって、
いい成績とか結果を残せば、

その人以上にがんばっても
成績を残せなかった人の「迷惑」に
なっているかもしれない。

そんなことが、望みもしない噂を
生んだりもするのだ。

生きたい道を見つけて、
あきらめずにがんばれる力が欲しい。
それがあったほうがいい、そう思います。

(参考)朝のこどもの玩具箱(あさのあつこ)

No.3081


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です