とにかくまず行動に移してみる。…

とにかくまず行動に移してみる。
失敗したと思ったら、
すみやかに撤退して、
次のチャレンジを考える。

このトライ&エラーのサイクルを
素早く繰り返すことが、結局、
よい結果を出す近道だと思うのです。

(雑誌「THE21」、上野和典)

エラー、失敗を見たら、
一巻の終わりじゃない。

しかし、
そういう判断をして
逃げてしまうか、
放り出したまま、
何もしようとしない人もいる。

そういう私も、
ちょっと耳が痛いが…

実際、失敗しても、
次に何をすればいいか
見えてくるまでは、
やる気もなかなか湧かないだろう。

次にするべきことが、
それをやる前から分かっていて、
そこに注げるだけのエネルギーが
いつも残っていれば、
トライのサイクルは消えない。

しかし、エラー、失敗のときに
感じさせられる「心の疲労」は、
残っている力さえ吸収してしまうから、
次へのトライが、意外と難しい。

さあ、次はどうする?
じゃ、次はどうする?

心のなかで、
そういう自問が
消えていかないように、
心の「しくみ」をつくっていく。

それが大切だと思います。

やる気に頼り過ぎないこと。
やる気は、
チャレンジする対象の重要さとは
関係なく強弱することもあるから。

がんばるべ!

(参考)給料を上げたければ、部下を偉くしろ (上野和典)

No.3097


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です