必要なことは「To Do List」…

必要なことは
「To Do List」
(すべきことリスト)
を作ることではなく、

「Not To Do List」
(断ること、してはいけないことリスト)
を作ること。

(断る力、勝間和代)

面白いこと、
興味のあることが、
いろいろ選択できる今の時代は、

選びきれないほど多くの人、ものから、
誘われているような気がします。

だから、必然的に、
しなければいけないこと、
した方がいいことも増えてくる。

自分で判断をしないと、
そんなことがふくらんでふくらんで、
あふれかえってしまうでしょう。

こう考えてみてください。
あなたに、思いつきで
ポンポンと物を言う上司が
いるとします。
(きっと、どこかに実在するでしょう)

その上司の情報アンテナの感度は、
かなりバツグンで、
知ったこと、見たこと、聞いたこと、
思いついたこと、勧められたこと、
我慢できないこと、見過ごせないこと、
いろいろと言ってきます。

マジメなあなたが、
目の前の仕事を少しでも
減らそうと思い、

それに応えようと
がんばればがんばるほど、
ますます仕事は増えてくる。

問題は、仕事をこなすスピードを
アップすることじゃないのです。

やらない仕事を決めることなのです。

それを決められないうちは、
どんどん増え続けていくことでしょう。
そして、最終的には、
何もできない状態になってしまう…

やらないことを決める代わりに、
やると決めたことを一生懸命にやる。

意外にも、そういう覚悟がないから、
本当はやらなくてもいいのに、
簡単だからやり続けている、
ということもあるかもしれませんね。

(参考)断る力(勝間和代)

No.3210


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です