運命の人なんていないし、…

運命の人なんていないし、
才能が発掘されても
つかいみちがわからなければ
なんにもならない。

あるいは、
人生から蹴落とされても
そこにはまだ人生があり、
背負いきれない不幸を背負わされても
立っていることは不可能ではない。

(こどものころにみた夢[男]、角田光代)

立っていることができる。
食べることができる。
話すことができる。

そういう生きていることの
原点に立ってみれば、

運命の人に出会えないことも、
才能を評価されないことも、
重く思える重荷も、
ちょっとは違うものに
感じられる。

けれど、今しか見えない今は、
それがすべてで、
そのすべてが苦しく思えてしまう。

人間だからしょうがない。

ただ、生きているうちに、
あんまりこだわらないこと、
それでいながら、
できることはしっかりがんばること、
そういうことを身につけていくために
人は生きているのだ。

どんなに
人生から蹴落とされても、
人生は、まだまだ続くのだ。

そして、それは、
何色にも変わる可能性のある人生。

今日、人生から振られても、
仕事でダメだしされても、
家族の誰かに落ち込まされても、
わたしの人生には、
まだまだ「いいもの」が残っている。

そんな気持ちでがんばりましょう。

(参考)こどものころにみた夢(角田光代ほか11名)

No.3267


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です