昨日まで何があろうと、…

昨日まで何があろうと、
また今日から
残りの人生が始まる。

人生の最後の日がくるまで、
毎日が新しい
始まりなのである。

(雑誌「プレシャス」、桐島洋子)

終わって欲しいことが、
なかなか終わらず、

始まって欲しいことが、
なかなか始まらない。

そんなことを気にしているうちに、
大切なことが、
知らないうちに始まっていて、
知らないうちに終わっていたりもする。

人生って、なんなんだ?

一生懸命にやれば、
なんでも成功するわけじゃない。

いいタイミングというものもある。

うまくいかなかったことは、
何もかもすべて過去のこと。

忘れてしまっているけれど、
うまくいったことも、
何もかもすべて過去のこと。

きれいさっぱり忘れて、
新しい今日だけに集中したい自分。

けれども、まわりは、
昨日のことまでもしっかり覚えている。
ははは…

そこも踏まえて、
自分だけは新しい今日に
集中してやるんだ!
くらいの気合で、
今日に立ち向いましょう。

応援しまーす。

(参考)残り時間には福がある(桐島洋子)

No.3346


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です