希望、それは心の錨です。…

希望、それは心の錨です。
年齢を問わず、また、
強い者であろうと弱い者であろうと、
また金持ちであろうと貧しい者であろうと、
希望を必要としない人はいません。

(ジェームズ・E・ファウスト)

現実を知らないで、
心に描いている希望も、

現実を知った上で、
心に残っている希望も、

その時点では、
その人それぞれの
がんばろうっていう力に
なっている。

ただ、
希望の強さは、
違うものだから、

いっしょに
がんばろうって約束した仲間でも、
いろんな局面にさしかかる度に、
希望のレールから
脱線してしまう人がいるのは
しょうがない。

見方を変えれば、
別の希望のレールを
見つけてしまった感じの人も
いるだろう。

このレールには、
もう希望は持てない、
あっちがいい、みたいな…

けれど、
それが万人にとっての
希望になるかは別の話。

自分の希望を
捨ててはいけないと思う。

それは、
自分自身のものであり、
他の人が抱いているものに対して
自分が必ずしも
同じような希望を持てるとは限らないから、
自分の希望は大切にした方がいいのだ。

希望を持てることもまた、
人それぞれの才能だと考えている。

(参考)なぜ人生は、うまくいかないのか? (アルボムッレ・スマナサーラ)

No.3689


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です