その人らしさをつくるのは、過去の傷じゃなくて、……

その人らしさをつくるのは、
過去の傷じゃなくて、
未来への希望だって。

わたしはどんどん壊れていく。
でも、同時に新しく生まれてもいる。
最後に残るわたしらしさをつくってみたい。
最後にどんな自分と会えるか確かめてみたい。

(美丘、石田衣良)

過去にやり遂げたこと、
作り上げたことも、

過去にやれなかったこと、
壊したり、失敗したことも、

それは、もう過去のこと。

今日からは、
新しい思いを抱いて、
新しい努力ができるチャンスに、
私たちは恵まれている。

けれど、
人は私も含めて、
過去にどんなことをした人か、
どんな人だったかに、
目が向いてしまう。

自分の過去については、
あんまり見られたくない、
自信がないくせに、
他人の過去については、
遠慮することなく、
入っていこうとする。

人は、希望で変わっていく。
たしかに、そうだと思う。

希望があれば、
新しい自分がちょっとずつでも
つくられていく。

それがなければ、
今までのままの自分を
ずーっと続けることになるだろう。

希望を捨てちゃいけない、
っていうのは分かっているけれど、
他人から見られていると思うと、
それがそうでないとしても、
過去に思いが向いてしまって、
あきらめがちになっちゃう。

時間は過ぎている。
いつも新しい時間を、
新しい自分で生きている。
そんな感覚を身につけたい。

(参考)美丘(石田衣良)

No.3756


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です