どうあがいたって、…

どうあがいたって、
受け止めなくていけないものが
たくさんある。

どうもがいたって、
変わらない現実がいくつもある。
だけど、それを和らげる方法は
いくつかあるはずだ。

(卵の緒[7’s blood]、瀬尾まいこ)

生きていくということは、
何かしらあがくことだと思います。

そのあがきが、
自分についてのことだったら、
まだ解決できる。

けれど、
それが他人に対してだったら、
さらにストレスを生み、
さらに無駄なあがきを
したくなる衝動を生むだけ、
ってこともあります。

いい話、いい本、
いろんないいことを
聞かされたり、知らされた時に、

よし、自分の
この行動から変えよう!
って思うのは、
正解でしょう。

そうじゃなくて、
この人にここを変えてもらたい、
あの人にこれを言ってやろう、
それをやらせよう、
って思うことは、
ちょっとズレている。

そこは、
受け止めなければいけない現実
でしかないかもしれない。

もちろん、
自分のことについてだって、
受け止めることで解決する現実、
っていうのもあるでしょう。

受け止めて、
今やれることだけを考える。

あの時やればよかったことを
考えすぎない。

それが大切なのでしょう。

(参考)卵の緒(瀬尾まいこ)

No.3855


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です