大切なこと…

人生はいろいろあり
大切なことはなかなか
見えにくいけれど、
実は自分のすぐ近くにある。

(asahiサイト「どらく」、石野真子)

財布を開いてみれば、
10円玉、100円玉、500円玉、
千円札、五千円札、一万円札
とかって入っているけれど、

そのお金に、
何を買えばいいっていうのは、
書いていない。

もしも書いていて、
それにしか使えないとしたら、
間違いとかミスとかなくて
かなり助かるような気もしますが、
それじゃあ、なんだかつまらない。

自分たちの内外を流れる時間についても、
何に使えばいいか、
何をしたらいいかなんて、
どこにも表示されていない。

それに、この時間は
こういうことに使ったらいい、
と言われたところで、
私たちは、きっと、
その言うとおりにはしない。

大切なことだと
薄々はわかっていることでも、
どこかで、まだ大丈夫って思う
いい加減さ、ゆるさ、適当さがあるから。

だから、
どんなに大切かって
説教されても、私たちは、
なかなか変わらないのだ。

一度は、自分で痛い目に遭うとか、
それに近い経験をしないと、
大切なことは見えてこない。

というか、
本気で見ようとしない。
探そうとしない。

すぐ近くにあることに
気づきもしない。

人間は、失うことが
好きなのかもしれない。

(参考)石野真子ライブDVD

No.3877


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です